中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ
  3. > お酒と歯周病の意外な関係 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
お酒と歯周病の意外な関係

歯周病の原因と言えばしっかり歯磨きできていないことが一番に思い浮かぶと思いますが、実はお酒も関わっていることをご存知でしたか?

 

もちろん個人差はありますが、酔った状態ではほとんどの方がブラッシングがおろそかになってしまい磨き残しが増えてしまいます。もし飲みすぎて歯磨きをせず寝るようなことがあれば歯周病リスクが一気に高まります。

 

さらにお酒はpHが低いので、日常的に多量のお酒を飲んでいると歯が溶けてしまうリスクがあります。歯が溶けたり柔らかくなるとプラークがつきやすくなりますし、むし歯にも繋がります。

 

もう1つ考えられるのは炎症の増強です。

アルコールを接種すると血管拡張作用によって血流がよくなり、歯周病の炎症も増強することがあります。習慣的に炎症が増強されると、歯を支えている骨の破壊が進んでしまうのです。

 

お酒そのものが歯周病を引き起こすことはありませんが、日常的に多量のアルコールを摂取することは歯周病の悪化に繋がることがあります。

健康のためにもお酒は飲みすぎず適度にし、飲んだあとはしっかり歯磨きをすることを徹底しましょう。

 

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

PAGETOP