中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ
  3. > むし歯は無いのに歯がしみる?知覚過敏のメカニズムとは 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
むし歯は無いのに歯がしみる?知覚過敏のメカニズムとは

むし歯は無いはずなのに、冷たい飲み物等で歯がしみる経験ありませんか?

歯にはとても硬いコーティングのような「エナメル質」でおおわれた部分と、歯と歯肉の境目で色がやや濃い部分の象牙質があります。

知覚過敏は、歯ぐきが下がることで、この象牙質がむき出しになることで起こります。象牙質には象牙細管とよばれる細かい穴があり、冷たい飲み物などの刺激がここから神経に伝わります。極めて硬いエナメル質と違い、象牙質はやわらかいため、歯ブラシによっても徐々に削れていってしまいます。特に、市販の歯磨き粉には研磨剤が含まれていることが多く、象牙質へのダメージが進みやすくなります。

知覚過敏は、軽度であれば薬品などにより覆うことで症状を和らげることも可能ですが、進行すると神経が露出する場合もあるため、早めに歯科医師による診断を受けることが大切です。

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

PAGETOP