中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ
  3. > むし歯治療を繰り返さない方法とは? 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
むし歯治療を繰り返さない方法とは?

「できることなら、むし歯治療はこれで最後にしたい」

これは、むし歯治療経験者に共通の思いかもしれません。

最初は小さな詰め物で済んでいたのに、やがては銀歯になったり、神経を取ったりと、同じ歯に対してむし歯治療を繰り返す度に処置も大がかりになっていきます。

むし歯が再発する原因ですが、人工物である詰め物やかぶせものと、もともとの歯の間にはどうしても隙間ができてしまいます。この隙間からむし歯菌が侵入し、内部でむし歯が再発してしまうのです。

現在の保険診療で使用できる詰め物やかぶせ物の場合、質の高い材料は使えず、歯科技工でも時間をかけた作成ができないなど様々な制約があります。また、銀歯はお口の中で徐々に溶け出していくという問題もあります。

これらの保険診療の問題を解決するには、セラミックやゴールドなどの材料を使うことや、歯科技工の過程でも拡大鏡などの道具を使って時間をかける(2〜3倍の時間)ことで、隙間を極限までゼロに近づけることができます。

一度削った歯は、二度と再生することはありません。むし歯治療の際には、保険外の治療選択肢もご検討してみてください。

 

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

PAGETOP