中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ
  3. > インプラントは歯周病になる?! 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
インプラントは歯周病になる?!

前回のブログで歯の喪失についてお話しさせていただきました。

 

もしも歯を失った時の治療法として3つあります。

ブリッジ、入れ歯、インプラントです。

 

今回はこの中のインプラント治療をしたその後についてお話ししていこうと思います。

 

インプラントは虫歯にならないから、掃除も楽そう!というイメージを持ってる方は少なくないのではないでしょうか?

確かにインプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病になってしまうのです。

 

治療後最も注意しないといけないのが「インプラント周囲炎」です。

 

食べかすやプラークがインプラント周囲にこびりつきインプラント周囲の骨が溶けが歯周病になった状態のことです。

 

症状としてインプラント周囲粘膜の痛みや腫れ膿が出るなどの症状があります。

 

ひどくなるとインプラントと結合している骨まで溶けることがあります。

インプラントは自分の歯に比べて防御機能が弱く、歯周病が進みやすいのが特徴です。

 

インプラント治療後に最も大切なのが、定期検診なのです。手入れのアドバイスや自分で取りきれない所をクリーニングし、より長くインプラントを使っていただきます。

 

当院ではエアフローという、インプラントを傷つけずお掃除できる機械を導入しております。

 

インプラントをご検討の方は是非一度ご相談ください。

 

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

 

PAGETOP