中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ
  3. > 日本産科婦人科学会が、歯周病は早産のリスク等、歯科の情報提供をスタート 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
日本産科婦人科学会が、歯周病は早産のリスク等、歯科の情報提供をスタート

日本産科婦人科学会が妊婦向けのアプリを提供していますが、今年から、歯科に関する情報提供もスタートしています。

早産は、通常よりも早く出産してしまうことをいいます。その原因は様々ですが、最近では歯周病との関連が指摘されています。歯周病によってできる「炎症物質」が原因ではないかといわれています。

妊娠中は、女性ホルモンのバランスが不安定になるため歯周病菌が増えやすくなったり、また、つわりの影響で食事が不規則になるなど、歯周病が悪化しやすいのです。

歯科と産婦人科は別の分野であるため、「妊娠したら歯の定期検診を受けよう」ということが普及していないのが現状です。

今回のように、産科婦人科学会が積極的に歯の健康の重要性を認めてくれたことは、画期的なことなのです。

当院でも、妊婦向けの定期検診を行っています。「妊娠中に歯の治療をしていいの?」などの相談にもお答えしています。

また副院長も出産経験がありますので、お気軽にご来院、ご相談いただけたらと思います。

PAGETOP