中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ
  3. > 歯がなくなると認知症のリスクが上がる?! 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
歯がなくなると認知症のリスクが上がる?!

高齢化が進み、メディアでもあげられる認知症と歯の関係性についてお話ししていこうと思います。

 

厚生労働科学研究班の研究により、歯がない人は認知症発症リスクが高くなることがわかりました。

 

特に、歯がほとんどないにもかかわらず義歯(入れ歯)を使用していない人は、歯が20本以上残っている人の1.9倍認知症発症リスクが高いのです。

 

なぜならば、咀嚼することが脳への刺激になっています。歯を失うと咀嚼回数が減少することになり、脳への刺激が乏しく、アルツハイマー型認知症の発症につながります。

義歯を使う事により、認知症を40%防ぐ事も出来ると言われています。

 

ですが、一番いいのはご自身の歯です。

歯を失う最大の原因は歯周病ですが、その原因となる歯周病菌は、歯磨きだけでは取り除くことができません。

 

1 本でも残して認知症を予防するために、かかりつけの歯医者さんで歯のクリーニングや定期的な健診を受けましょう。もし、歯に異常を感じたらそのまま放置せず、受診することをお勧めします。

 

お口の中でお困りがある方、不安な方は是非一度ご来院ください。

 

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

 

PAGETOP