中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ
  3. > 歯と健康寿命の関係 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
歯と健康寿命の関係

「8020運動」という言葉を聞いたことはありますか?

厚生労働省や歯科医師会が行っている80歳になっても20本以上自分の歯を保とうという働きかけです。

 

では実際に歯が20本以上残っているとどんな良いことがあるのでしょうか?

 

歯がないとしっかり噛めずに胃が荒れるのはもちろん、歯が20本以上残っている人に比べて19本以下で入れ歯なども使用していない人は、認知症の発症リスクが1.9倍、転倒するリスクが2.5倍になることが研究により分かっています。

 

このことから、両側の歯でしっかり噛むことがいかに健康に直結するかが分かりますね。

 

歯を失っていても入れ歯やインプラントなどを使い、しっかり噛める状態にすることが非常に大切です。

 

近年、健康寿命と平均寿命の差がよく話題になりますが、健康寿命をできるだけ伸ばすためにもしっかり歯のケアをして、定期検診に通うようにしましょう。

 

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

PAGETOP