中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ
  3. > 歯周病専門医からみた「洗口液(マウスウォッシュ)」の効果 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
歯周病専門医からみた「洗口液(マウスウォッシュ)」の効果

ドラッグストアに行くと、歯ブラシ・歯磨き粉売り場には、必ず洗口液(「リステリン®」「モンダミン®」などなど多数)が販売されています。

テレビコマーシャルでは歯肉炎の予防効果などがうたわれていますが、実際はどうなのでしょうか?

歯周病は、歯に付着した「プラーク(歯垢)」がやがて強固に付着する「歯石」となり、その歯石を棲み家とするバイ菌が、歯を支えている骨を攻撃することで起こります。

洗口液は、歯ぐきから上に出ている部分の歯については、プラークを抑制する効果があるとされています。しかし、注意が必要なのは、歯ぐきの内側部分の歯に付着したプラークです。洗口液は、この歯ぐきの内側のプラークにまでは効果がありません。実際に、歯を支える骨を溶かしてしまうのは、歯ぐきの内側に生息するバイ菌です。

答えから言いますと、歯科医院に行って、専用の器具を使って歯石を取り除く以外に歯周病の進行をくいとめて予防する方法はないのです。

ただし、洗口液の殺菌効果は、高齢者の誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)の予防にはある一定の効果が期待できると言われています。口の中にある食べ物や唾液とともにバイ菌が気管に入ってしまって起こる肺炎です。お口の中のバイ菌を減らすことで、誤嚥性肺炎のリスクをある程度は低下させるというものです。

もちろん、普段からの歯磨きなどが大切であることは言うまでありません。洗口液に頼りすぎないことがポイントです。

PAGETOP