中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ
  3. > 歯磨きをがんばって、それでも歯を失ったら 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
歯磨きをがんばって、それでも歯を失ったら

歯磨きさえ完璧にがんばれば、歯を失う可能性はゼロか、というと残念ながらそうではなりません。確かに歯を失う原因の多くはむし歯や歯周病、つまり細菌が原因となるものです。ところが実際にはむし歯と歯周病以外にも歯を失う原因が存在します。

その1つが破折とよばれる、歯が割れてしまうものです。主に、眠っている間のくいしばりや歯ぎしりなどが原因となり、特定の歯に過度に力が加わることで、歯にヒビ割れができるものです。歯は割れてしまうと抜く以外に痛みを取り除く方法はありません。

大切なのは、歯を抜いた後、どう処置するかです。適切に処置すれば、周りの歯は健康な状態を維持することも十分に可能です。入れ歯やブリッジは、残っている隣の歯に大きな負担をかけて歯を補う治療方法です。やがて、隣の歯がダメになるケースがほとんどです。この連鎖によって、入れ歯のサイズが大きくなっていき、最終的には総入れ歯になります。

この負の連鎖を断ち切るために1960年代から行われている治療方法がインプラントです。すでに60年近い歴史がある治療方法で、日本のような国民皆保険の保険診療がない国々では、歯を失った際の第一選択して広く普及しています。

インプラント治療は残っている歯を健全に保つ上で最善の治療方法ですが、天然の歯と同様に歯周病(インプラント周囲炎)にかかるリスクがあるため、歯周病同様に定期的なクリーニングやメンテナンスを受けることが大切です。

歯を失った場合は、担当医とよく相談し、どのような治療選択肢があるのか説明を受けてから治療するようにしましょう。

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

PAGETOP