中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ
  3. > 治療した歯がまたむし歯に? 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
治療した歯がまたむし歯に?

二次カリエスという言葉を聞いたことがありますか?

 

既に虫歯治療をしている詰め物や被せ物の隙間から再びむし歯(カリエス)になることです。

 

詰め物や被せ物をするとどうしても僅かな段差ができます。
毎日の歯磨きを丁寧に行わないとその段差にプラークが溜まり、むし歯になっていきます。

 

また、詰め物や被せ物が劣化すると隙間ができ、むし歯菌が侵入してきます。
特に保険適用の素材は劣化しやすいので注意が必要です。

 

神経をとっている歯は痛みを感じることがありません。

そのため二次カリエスになっていても分からず、気づいたときには中で大きく広がって抜歯しないといけなくなったという例もよくあります。

 

ワンタフトブラシや歯間ブラシ、フロスなどを使って丁寧にケアすることが大切ですが、二次カリエスはなかなか自分では気づけません。

抜歯になる前に早期発見し、歯を守るためにも定期検診に通うようにしましょう。

 

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

 

PAGETOP