中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ
  3. > 自分の歯を残す最後の砦とは? 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
自分の歯を残す最後の砦とは?

一般的には、神経を取り除いた歯は強度などの面で弱くなり、寿命が短くなってしまいます。

しかし、最新の治療技術を駆使することで、寿命を伸ばせるケースが増えてきています。

歯の神経が通る管は、歯の中央部において複雑に曲がったり、分岐したり、網目状に広がったりしています。そのため、洗浄消毒が不十分になりやすく、またそこから病気が再発してしまうケースが跡を絶ちませんでした。

しかし、マイクロスコープといわれる拡大鏡と、CTを使って、管の位置を正確に把握することで、飛躍的に成功率が高まりました。

さらに、MTAとよばれる充填材料で管を密封すれば、さらに成功率が高まります。

科学的には成功率が高い治療方法ですが、必要となるCT、マイクロスコープともに普及率が低く、特にマイクロスコープは数%しか普及していません。

当院では、マイクロスコープ、CT、MTAをもちいた治療により、できるだけ歯の寿命の伸ばす専門治療を行っております。

できるだけ自分の歯を残したい、という方は、まずはお気軽にご相談にお越しください。

PAGETOP