中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ
  3. > 自覚症状の無い「食いしばり」が歯を壊す?! 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
自覚症状の無い「食いしばり」が歯を壊す?!

夜間の歯ぎしりは、音や動きがあるため、家族の人から指摘されることが少なくありません。ところが、もう一つの「食いしばり」は音や動きが無いため、ほとんど知られていません。
放置し続けると、将来的に歯が割れたり、歯を支える組織にダメージを与えたり、様々な問題の原因となります。

頬の内側や舌の横部分に歯のカタがついている、朝起きた時に歯のあたりが疲れている感じがする、「骨隆起」と呼ばれるコブ状のものが歯茎のあたりに見られる、などご自身でもチェックする方法がなくはないですが、気づかないケースがほとんどです。

就寝時に「ナイトガード」とよばれるマウスピースを装着することで予防が可能ですので、気になる方はかかりつけの先生におたずねください。

PAGETOP