中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ
  3. > 虫歯になった時の治療法 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
虫歯になった時の治療法

今まで虫歯になったことがある方は少なくないと思います。
一度虫歯になって削ってしまうと、削った歯は戻ってきません。その為、削られた歯を補うために詰め物や被せ物をしていきます。
虫歯は進行具合によってこのようにステージ分けされています。

 

初期の虫歯(CO)
歯の表面のエナメル質が白く濁っている状態で、痛みはなく穴もあいていません。フッ素を塗り経過を見ていきます。

 

エナメル質の虫歯(C1)
歯の表面のエナメル質が溶け、穴が空いてる状態です。冷たいものがしみる場合がありますがほとんど痛みはないです。虫歯の部分を削り、プラスチックの材料を詰めて治します。

 

象牙質の虫歯(C2)
エナメル室の内側の象牙質というところまで虫歯が進行した状態です。冷たい物や甘いものがしみるようになり、時々痛むようになります。虫歯の部分を削りインレーという詰め物を入れ治します。

 

神経の虫歯(C3)
神経まで虫歯が進行し、何もしなくてもズキズキと激しく痛みます。神経をとり、クラウンという被せ物をつけ治します。

 

歯根の虫歯(C4)
歯の大部分は溶けて無くなり、神経も死んでいるため痛みはありません。多くの場合が抜歯になります。その場合はブリッチや入れ歯、インプラントを入れます。

 

歯が痛くない時の虫歯をご自身で見つけるのは非常に難しいです。ですので、痛みがない方も是非一度ご相談ください。

 

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也


 

PAGETOP