中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ
  3. > 酸性の食品・飲料が歯を溶かす「酸蝕歯」とは 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
酸性の食品・飲料が歯を溶かす「酸蝕歯」とは

何を食べようが、何を飲もうが、しっかり歯磨きをすればだいじょうぶ、とはいかないのが実情です。

最近、「酸蝕歯(さんしょくし)」という病気がよく話題になります。歯の表面を形成する「エナメル質」は酸に弱く、pHが5.5以下になると、エナメル質が溶け始めてしまいます。

酸性が強い食品としては、レモン、グレープフルーツなどのかんきつ類の他、スポーツドリンクも一部にはpHが3前後のものがあり、注意が必要です。また、健康食品の黒酢ドリンクも注意が必要です。

一度溶けてしまったエナメル質は、二度と元には戻らず、虫歯に対して弱くなったり、知覚過敏になったり、見た目の色が黄色くなったりしてしまいます。

酸性の強い食品や飲料の過度な摂取は控えておくことが、歯のためにはおすすめです。

PAGETOP