中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ
  3. > 重度の歯周病にかかっている人はそうでない人に比べ、脳梗塞や心筋梗塞などの循環器疾患の発生率が1.5~2.8倍も高い!? 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
重度の歯周病にかかっている人はそうでない人に比べ、脳梗塞や心筋梗塞などの循環器疾患の発生率が1.5~2.8倍も高い!?

脳梗塞が原因で半身麻痺となり要介護生活を送っているのは、高齢者に限らず40代でも決して珍しくはありません。

脳梗塞や心筋梗塞など循環器系の病気は、突然、本人はもちろん、その家族や周囲の関係者の生活を一変させてしまうだけの影響力があります。

現在、絶対確実な予防方法はないものの、歯周病との関係が年々明らかになっています。歯グキ周辺の血管から、歯周病菌が作用することが原因とされています。

脳梗塞や心筋梗塞を予防ためにできることとして、歯周病治療とその予防があります。歯周病は歴史も長いため、治療方法や予防方法が確立されている病気です。

しかし、自覚症状がほとんどないため、気づいた時にはすでに重度の歯周病だった、というケースが今でも非常に多くみられます。

ぜひ、歯周病専門医や歯周病学会認定歯科衛生士の在籍するクリニックで、定期的な検診や、歯のクリーニングをこころがけましょう。

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

PAGETOP