中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ
  3. > 5,6歳からの歯並び治療 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
5,6歳からの歯並び治療

歯並びや噛み合わせに問題があると、矯正器具で治療するのが一般的です。しかし、最近では、歯並びやかみ合わせに問題が出てから治療するのではなく、問題が出ないように予防的に行う歯並び治療への関心が高まっています。

いろいろな呼び名がありますが、当院では『プレオルソ』という治療方法を導入しています。

これまでの矯正治療は、治療完了後に後戻りしないように保定装置での治療が必須なっています。これは、後戻り、が起きるからです。この後戻りの原因が、舌や頬の筋肉などが歯を押す力が加わることで、歯がまた動いてしまうことなのです。

プレオルソは、そうならないように、また、歯並びが悪くならないように、予防として行うためのマウスピースのような装置です。

舌や筋肉が健全に発育、成長するためにこの装置を使用します。

「うちの子はいつもお口がポカンと開いている」「口を閉じた時、あごの部分に力が入っているようにみえる」といった場合は、あごの発育に問題があるケースが少なくありません。

当院では、マウスピースを使いながらお口周りの筋力をトレーニングするこの治療方法を行っていますので、お子様の検診も兼ねてご来院ください。

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

 

PAGETOP