中村歯科医院

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. > ブログ 記事一覧
カテゴリー
アーカイブ

緊急事態宣言が解除され、まだまだ気をつける必要はありますが、いったん歯科の立場から新型コロナウイルスと健康について考えてみました。

まず1つ知っておいていただきたいことは、現時点ではまだ歯科治療を通じて患者が新型コロナウイルスに感染した例は1件もない、ということです(4月30日に歯科医師会の会長がテレビで報告。以降も患者さんへの感染は報告されていません)。それだけ普段から歯科医院は院内感染予防に精通しています。

次に、お口の中の細菌が、コロナウイルスによる肺炎の重症化と関係しているということ。
つまり、お口の中がきれいであれば、コロナウイルスに感染したとしても重症化するリスクを低下させることになるのです。

お口の中をきれいにするには、まず、普段の歯磨きが大切です。しかし、歯磨きで落とせる歯垢は約50%程度と言われています。残りの歯垢や歯石を除去するには定期的に歯科医院に通うことが欠かせません。

さらに、お口の中をきれいにできるかどうかのカギは歯並びにあります。今はお子様だけでなく大人の矯正治療も増えており、目立たないマウスピース型の矯正装置が人気です。特に、高齢になると肺炎のリスクが高まりますが、その大きな要因の一つがお口の中の汚れです。歯科医院をうまく活用して、病気のリスクを下げ、いつまでも健康で元気に暮らせるように心がけましょう。

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

新型コロナウイルス予防には、お口の中をきれいに(細菌を少く)することが効果的だという報道が相次いでいます。

食べ物の入り口であるお口には、様々な細菌が生息しやすいのですが、歯並びによって、自然の自浄作用の働きが大きく異ることもわかっています。

歯並びが整っていると、歯みがきした時に歯ブラシが効率的に歯の全ての面にあたるので、汚れもさらっと落ちやすいのです。ところが、歯並びに問題があると、特定の部分がいつも磨けていない状態が続き、そこに細菌の棲み家となる歯石が形成されていきます。

「一生懸命歯みがきしてるのにむし歯になりやすい」というケースは、歯並びが原因であることが少くありません。

最近は、ワイヤーを使った矯正だけでなく、マウスピース型の矯正も広く普及しており、より簡単に、より少ない負担で矯正治療ができるようになっています。

様々な病気の予防にもつながる矯正治療が今、あらためて注目されています。

ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

愛知県歯科医師会の意見広告が中日新聞に掲載されました。

新型コロナウイルスによる自粛の中、歯科医院への通院を控える際は「自らの判断で歯科治療を中断することは健康被害を招く可能性もございますので、かかりつけ歯科医にご相談をお願いします」と注意喚起されています。

例えば、自己判断での口腔ケアの中断は、お口の衛生状態が低下することにより「誤嚥性肺炎」の発症などが懸念されます。

NHKでも報道があったように、お口の中をきれいにすることが新型コロナウイルス肺炎の重症化リスクを低下させる(お口の中の細菌が肺に入ることが重症化につながる)こともわかってきています。

「治療や口腔ケアを控えた方がいいのかな?」という方は、一度当院の歯科医師までお電話にてご相談ください。

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

現在コロナウイルスの感染予防のため、中村歯科医院では、できるだけ皆様に安心して来院していただけるように以下のことを取り組んでます。

1.スタッフの毎日の検温、マスク着用。

2.患者様の治療を終えるごとに手洗い、手指消毒の徹底、各チェアーの消毒

3.数時間おきに待合室、受付周辺の消毒と換気

4.医院の全ての空間をポイックウォーターにて空間除菌

5.当たり前ですが、エプロン、紙コップは使い捨てです。患者様ごとに新しいグローブを使用してます。

ほかにも気になることや取り入れてほしい対策などありましたら、スタッフまでお知らせください!

患者様が安心して過ごせる空間づくりに努めて参ります。

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

矯正治療といえば、歯に金属の器具を24時間装着する方法が一般的でした。それに対して、最近は取り外しができるマウスピース型の矯正治療が増えています。

当院では、小児に特化したマウスピース矯正『プレオルソ』を導入しています。

食生活の変化などにより、歯並びの悪い子どもが増えていますが、その結果、口呼吸になってしまうお子様が少なくありません。免疫力の観点からも口呼吸は問題が多く、早期に改善することが必要です。

『プレオルソ』は、無理なく骨格を含めた歯並びを改善することができる治療方法で、80年以上の歴史があります。

当院では、2児の子育てママでもある矯正医の中村なぎさ先生がプレオルソを担当しています。矯正はもちろん、歯磨きの方法や、食生活の注意点など様々なお悩みの相談にも応じています。お子様の乳歯が生えてきたら、一度検診がてらご予約をお取りいただけたらと思います。

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

歯の矯正といえば、歯ならびの見た目をよくするもの、という考え方が中心でしたが、今の歯科医療では、一生涯自分の歯を健康な状態で残すため、ということが重視されるようになっています。

その矯正治療のひとつの方法として「マウスピース矯正(インビザライン®)」があります。歯を動かしたい方向に力が加わるように設計された透明のマウスピースを装着することで、次第に歯が動いていく、という仕組みです。

今このインビザライン®が増加しています。主な理由として、金属のワイヤー装置と比べて目立ちにくい、食事の時はマウスピースを外すことができるので食べものが挟まるストレスがない、マウスピースを外して歯磨きすることができるのでむし歯や歯周病の予防がしやすい、ということがあげられます。

当院では、ワイヤー矯正、マウスピース矯正の両方とも扱っていますが、特に「むし歯予防」という点ではマウスピース矯正に軍配が上がります。

せっかく矯正治療がうまくいっても、むし歯ができてしまうと、その歯の寿命を縮めてしまうことになります。

お子様が一生歯のことで悩まなくていいように、という親御さんにとっても、インビザライン®は非常に人気があります。

学校の検診で歯並びについて指摘があった、歯ならびが気になる、という方は、一度ご相談ください。

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

「歯医者さんなんて行かなくても、しっかり歯磨きをしておけばだいじょうぶ!」と思っている方、少なくないんです。

ところが、歯科医院で定期的に歯のクリーニング(歯石の除去、歯面清掃)を受けていないと、若い間はそれほど差がでないのですが、50代以降、一気に歯を失うスピードが加速してしまいます。

特に、歯周病は自覚症状が無いままにどんどん進行してしまい、だいだいみなさんが気づかれるのは、残念ながらもう手遅れ、抜く以外にない、という状態になってからなのです。

さらに、歯を失うと、かたい食べ物が噛めなくなり、お粥やうどん、やわらかいパンばかりを食べるようになります。その結果、動脈硬化や心臓血管病などのリスクが高まり、実際に死亡率が高くなるというデータが世界中で報告されています。

歯のクリーニングは、痛みもほとんどありませんし、当院は予約制ですので、待合室で長時間待つこともありません。

いつまでも健康で楽しく暮らせるように、歯のクリーニングを習慣化するようにこころがけましょう。

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

全国11ヶ所の老人ホームを対象にした研究では、積極的に口腔ケアを行うことで、肺炎の発症率が40%、さらに死亡率は50%も低下した、というデータがあります(図は日本歯科医師会Webサイトより)。

肺炎の原因の一つが口やノドにある細菌です。プロの手によってきれいにすることで、リスクが大きく下がります。

インフルエンザについても同様に、プロが積極的にケアしてお口をきれいに保つことで、インフルエンザの発症が10分の1まで減ったという報告があります。
お口の中をきれいに保つことによるデメリットはありません。

健康なまま暮らせるため、まずできることとして、歯のクリーニングや正しい歯磨きを徹底しましょう。

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

連日様々な情報が飛び交っていますが、まずは冷静に行動することを心がけましょう。

普通の風邪やインフルエンザにも共通することですが、いろいろなところを触った手を洗わずに目や鼻、口などに触れると感染の可能性が高まります。手洗い方法については添付の画像を参考にしてください。

当院では、普段からゴムのグローブは患者さんごとに使い捨てるのはもちろん、治療器具の滅菌処理も徹底するなど、常に衛生環境を保っていますのでご安心くださいね。

また、お口の中に汚れが多いと、インフルエンザに感染する確率が10倍くらい高くなる、という報告もありますので、普段から歯磨きや歯間ブラシ、フロスなどを使ってお口を清潔に保つように心がけましょう。

京都府のページでは、コロナウイルスに関する様々な情報を掲載しています。

また、以下の様な症状がある方は、直接医療機関を受診せずに、専用相談窓口に電話にて問い合わせましょう:

  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

京都府情報ページ:

http://www.pref.kyoto.jp/kentai/news/novelcoronavirus.html#C

 

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

このような歯型のつきかたは、典型的なくいしばりや歯ぎしりなどの証拠なのです。

寝ている間だけに、まず自覚症状がないのが特徴なのですが、放っておくと、歯が割れる、歯周病が悪化する、など様々な問題を引き起こします。

最近では、睡眠時だけでなく、日中、特にパソコンに集中して作業している時などに、無意識に歯をくいしばっているというケースが増えています。

本来は、上下の歯が接する時間は1日のうちたった20分程度だとされています。原因はストレスではないか、と言われていますが、まだわからないことが多いのが実際のところです。

治療方法は、マウスピースを装着することで、力が特定の歯に集中して加わるのを防ぐ方法が一般的です。

放置すると、歯の劣化を促進してしまいますので、朝起きた際にお口の中を一度点検してみましょう。

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也

PAGETOP