中村歯科医院

マイナス1歳からのむし歯予防。妊娠がわかったら、産婦人科だけでなく歯科にも通う習慣を。

  1. ホーム
  2. > マイナス1歳からのむし歯予防

妊娠期間中の歯科検診・歯科治療

妊娠期間中は、食生活に大きな変化が起こりやすもの。
つわりで食べにくい、食の好みが偏る、食事回数が増える(食べづわり)、唾液が酸性になる(むし歯になりやすい)、など、妊娠中はむし歯や歯周病のリスクが高くなっています。
また、妊婦が歯周病にかかっていると、早産や低体重児のリスクが高くなることが報告されています。
当院では、妊娠・出産経験者の女医が、妊娠中の方の歯科検診・治療を行っています。

生まれてくる赤ちゃんのために

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはむし歯菌は存在しません。
むし歯は、家族の口の中にあるむし歯菌がうつるために引き起こされます。
お母様やご家族の歯をきれいにすることで、赤ちゃんの将来の歯を守りましょう。

ご相談やお聞きになりたい事がございましたら、お気軽にお問合わせ下さい。 電話番号:0774-22-2750

無料のご相談はコチラ

PAGETOP